デザイナーから始まる、
多様なキャリア。

栗原 和也

マーケティング・デザイン事業統括部
2016年 新卒入社

  • DESIGNER

紙もウェブも。欲張りに何でもできる環境だった。

学生時代に紙やウェブなど様々な媒体のデザインを学んでいたこともあり、就活時代は、媒体を問わず様々な案件に携わることができる会社を探していました。リブゲートはまさしく自分の求めていた環境で、入社前のアルバイト時代から現在に至るまで、バナーの作成、ウェブサイトのデザイン・コーディング、最近はアプリのデザインやシステム画面のデザインなど幅広く経験させてもらっています。

現在は、携帯会社の店舗スタッフが使用する顧客管理システムのデザインを主に担当しながら、ランディングページやバナーの作成も担当しています。デザインの基礎知識やデザインソフトが使えることはもちろん必要なスキルですが、実務経験を積みながら学ぶことも多いんです。

なので、知識やスキルよりも、新しい知識や技術を習得する姿勢や、好きなことを仕事にできていることに誇りをもって、上司に何を言われてもへこたれずに食らいついていく姿勢が大事だと感じています。また学生時代とは違って、決められた範囲の中でのアイデアが求められるので、常にアンテナを張って視野を広くしておくことは日々意識しています。

かっこいいデザインを作ること
よりも大事なことに気づく。

初めてメインデザイナーとして参加した案件で、某企業のオリンピック特設応援サイトを担当させてもらったことがありました。今までは社内でデザインだけに関わっていたのですが、お客様先での打ち合わせにも参加させてもらったことで、デザインに対する考え方が変わりました。

それまでは、かっこいいデザインを作ることに意識があったのですが、いいデザインを作るだけではなく、お客様が本当に求めていることを考えないといけないと気づかされたんです。その場にいた上司の話の引き出しの多さや、お客様のニーズを引き出す力には、思わず「遠いなぁ」と思ってしまったほど。自分に足りない部分を改めて確認することができた、とても良い経験となりました。

リブゲートでは、自由にやらせてもらっていますが、きちんと指導もしてもらえるので、とてもありがたい環境だと思っています。また、会社にバースペースがあるので、違う部署の人とも分け隔てなく交流する機会に恵まれています。オンオフの切り替えもはっきりしている社員の方が多く、みなさんオフも魅力的な人が多いですね。私も休日は趣味のサッカー観戦で気分転換しています。

デザイナーからディレクターへ。
多様なデザイナーのキャリアがある。

今はデザイナーとして社内のやりとりが多いですが、今後はディレクターとして直接お客様とのやりとりをする立場になりたいと思っています。お客様の窓口として、お客様が何を考えているのか、何を作りたいのかを深堀り、それを考えて提案していきたいです。

そのためには、「伝える力」を磨かなくてはいけないと感じています。自分の思ったことを伝えることができないと、お客様の求めていることも引き出せないと思うんです。今の案件でそれを磨きながら、将来的には自分の足で新規案件をとってこれるような存在になりたいです。また、デザイナーの仕事も幅広くなってきています。デザイナーの中でもUI/UXデザイナーなど多様化してきていますし、ウェブデザインにはエンジニアの知識も求められてきています。

リブゲートのデザイナーは、デザイナーとして専門性をもつ人もいれば、ディレクターとして活躍する人もいます。デザイン部門の編成もまだまだ変化している過程なので、多様なキャリアのチャンスがあるといえるでしょう。リブゲートに入れば、自分の進みたい道を見つけることができると思っています。

私たちと一緒に未来の扉を開きませんか?
まずはお気軽にエントリーください。

ENTRY