デザイナーとエンジニアを
つなぐ存在。

石田 朱音

UI/UX開発課
2016年 新卒入社

  • UI DESIGNER
  • ENGINEER

ウェブデザインもできるエンジニアとして
キャリアをスタートする。

もともとテレビを見るのが好きで、ポスターや映像にも興味があり、自分もそのような感動を与えるものを創りたいという思いがありました。そのため必然的に、人の心を動かす「広告」に携わる仕事につきたいと思うようになったんです。リブゲートに興味を持ったきっかけは、大手広告代理店の案件ができるという点でした。

私は当初、ウェブデザイナー希望でリブゲートの選考を受けていたのですが、ウェブデザインもできるエンジニアとして入社することになったんです。初めはその意図が分からなかったのですが、人事の方から「エンジニアとしての資質を強く感じている」と勧められ、かつ教育制度が充実していたこともありエンジニアとしてのキャリアを選択しました。毎年1人くらいこのパターンのエンジニアがいるらしいです(笑)。実際に仕事についてみると、ウェブデザイナーとエンジニアの仕事は全然違うようで、実はとても親和性が高いと感じています。プログラミングを学ぶことによって、実現性の高いウェブデザインを制作することができますし、サイトの構造を知ることで、さらにデザインの幅も広がっていると感じています。プログラミングの勉強は苦労しましたが、今はデザインとプログラミングの両方を学べたことが、双方の仕事に活きていると実感しています。

様々な要望の本質を掴み、最善策を生み出していく。

現在はお客様の社内用資材管理システムの開発を担当しており、既存システムのUIを改善するためのデザイン改修を行っています。既存システムはエンジニアが作った画面のため、ソースが組みやすいように作られており、本来のユーザーにとっての使いやすさはあまり重視されていません。そのため、使いやすいデザインに変えていく必要があるのですが、既存のソースから大きく変更してしまうと、今度はエンジニアの方の改修が大変になってしまいます。この使いやすさとエンジニアの保守管理のしやすさを同時に実現させるところが、難しいところでもあり、やりがいでもあります。

お客様の要望の板挟みになることもあります。カスタマーサポートセンターの人が使うシステムの改修を行っていたときのことです。担当者からは、「画面におもしろさを入れてほしい」という要望があったのですが、実際にシステムを利用するサポートセンターの現場の方々は、おもしろさよりも効率的で使いやすさを重視したデザインを希望していました。双方の板挟みになり、悩むこともあったのですが、「何をしたいのか」という本質的な部分を汲み取り、それに対してとにかくたくさんアイデアを出し、解決策を探っていきました。結果的に双方が納得するものを制作することができ、お客様の社内表彰に選ばれたときは、何にも代えがたい嬉しさがありました。

入社後にも自分の進む道は決められる。

もともと「見ず知らずの人に感動を与えたい」という想いを持っているので、今後は社内の人が使う業務システムだけではなく、お客様も含めていろんな人が使うシステムに携わっていきたいと思っています。また、デザイナーとエンジニアの垣根を越えて、チャレンジしたいこともたくさんあります。

ウェブサイトは最近では様々な挙動が可能になっており、デザイナーがサイトの動きまで実装することができれば、イメージ通りのウェブサイトが制作できると思っています。またデザインをする時点でエンジニアの知識があれば、保守・運用がしやすい設計にすることも可能です。リブゲートにはデザイナーもエンジニアもその道のプロフェッショナルがいますし、何でも相談しやすい社風なので、分からないことがあれば両方に相談しながらできることを増やしていきたいです。

クリエーターのキャリアは多様になってきているので、入社前に自分のキャリアを決めてしまわなくても、社会人になってからいくらでも自分の進む道を決めていけると思います。その幅広いクリエーターのキャリアを実現するための環境がリブゲートにはありますね。

私たちと一緒に未来の扉を開きませんか?
まずはお気軽にエントリーください。

ENTRY